タナカリモニア(50g)石鹸

《商品特徴》

1.手づくりのコールドプロセスで時間をかけて作られたソープです。
パーム油、ヤシ油、ゴマ油などの保湿成分が、加熱分解されずに残り、洗顔後のお肌を優しく保湿します。

*コールドプロセス製法とは、加熱をせず、時間をかけてゆっくりと石鹸を製造する方法で、この過程で出来るグリセリンは熱分解せずそのままの形で残せるメリットがあります。 グリセリンは、非常に優れた保湿成分で、お肌に膜をつくりお肌の水分をしっかりとキープし、空気中の水分も保持する性格があります。 コールドプロセス製法の欠点は、1か月以上の時間と手間がかかることで、経済的ではなく、一般に市販されにくいソープでもあります。

2.ミャンマーなどの東南アジアで、美白、ほてり防止、スージング、虫よけに、昔から伝統的に使用されてきた、タナカの木(リモニアアシジシマ樹皮)の抽出を原料に使用しております。

タナカとは。

ミャンマー熱帯地方で育つ、ミカン科ゲッキッ属の樹皮の粉で、ミャンマー地方の女性には2000年以上の昔から親しみのあるものです。 赤ちゃんから大人までタナカの粉をたっぷりと塗っています。これをお肌に塗ると、清涼感があり、紫外線を遮断し、日焼け止めやかゆみの防止としての効果があり、抗炎症効果、保湿効果、美白効果、引き締め効果、余分な皮脂の吸着効果があるとされております。

商品名 タナカリモニア
内容量 1個容量・55 g (2個セット販売)
価格 2,000円(税抜) 送料無料
問合せメール・info@sunbird-sj.co.jp
フリーダイアル・0120-3810-68



クリックすると拡大します。

ミャンマーの伝統的な化粧素材タナカとは

ミャンマーに来ると誰もが必ずといってよいほど女性や子供が頬に黄色っぽいファンデーションのようなものを塗っている姿を見かけます。これはタナカと呼ばれるミャンマーの伝統的な化粧素材のひとつです。

「タナカ」とはミカン科のゲッキツ属の木の粉で、その粉に水を足しペースト状にして使用します。「タナカ」は健康にも美容にもとても良いと言われており、昔から東南アジアの女性の肌を強い日差しから守ったり、皮膚の病気を治したり、毛穴を引き締めて吹き出物を防いでくれることから主にミャンマーの女性たちの間で欠かせない化粧素材となっています。


TANAKA LIMONIA 【タナカリモニア】
自然の恵みをそのまま生かす低温製法(コールドプロセス)で作りました。
熱を加えずに自然に熟成させる為、パーム油・ヤシ油が変質や酸化がしないことからコールドプロセス製法は原材料のよさが際立つ上質な石鹸となります

《使用上の注意》
1)コールドプロセスで作られたソフトなソープです。 水、お湯に浸した状態での保存はお止め下さい。 2)直射日光の当たらない暗冷所に保管して下さい。 3)お肌に合わない場合には、使用を中止して下さい。

フリーダイヤル:0120-3810-68。メール:info@sunbird-sj.co.jp